映画に感謝を捧ぐ! 「スウィート・ホーム(2015年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はラファ・マルティネス監督の「スウィート・ホーム(2015年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


スウィート・ホーム [DVD]
アルバトロス
2016-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スウィート・ホーム [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 アパートに侵入した謎の一団に立ち向かう

 男女2人の運命を描いた本作は

 神秘性と猟奇性が交錯する巻き込まれ映画であります。

 空間限定型アクションからホラーへと向かうストーリー

 怪奇風味漂う舞台&色彩

 スペインの危険な住宅事情が一体となる光景は

 私に、予算&人員的制約をアイデアで補う

 映画作りの醍醐味と

 映画における「色」の重要性を

 再認識する機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の衣を纏いながらも

 陰鬱な空気を放つ幕切れが

 都会の冷酷さを写し出している点も見逃せません。)

 まさに「スペイン系ジャンル移動型映画」の雄と

 呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 「ダイ・ハード」、「13日の金曜日」の持ち味と

 残酷童話的画作り&娯楽的サディズムが見事に調和した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック