映画に感謝を捧ぐ! 「スパイナル・タップ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロブ・ライナー監督・出演の「スパイナル・タップ」に

 感謝を捧げようと思います。


スパイナル・タップ [DVD]
キングレコード
2019-02-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 イギリスのロック・バンド「スパイナル・タップ」の

 運命を描いた本作は
 
 虚実が複雑且つユーモラスに絡み合う疑似記録映像であります。

 ドキュメンタリー的映像技&語り口と

 架空のロック・バンド&仲間たちの物語が

 絶妙のバランスで配合されることによって生じる科学反応は

 私に「物語上の存在に現実感を与える」

 「1960年代文化と1980年代文化のせめぎ合いを

 教材性と娯楽性の均整を保ちながら表現する」手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アイドル映画的魅力と舞台裏映画的魅力を兼ね備えた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「音楽系疑似偉人伝」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 フィクションとノン・フィクションの

 境目に立つかのような表現法によって

 「映画監督R・ライナー」の誕生を告げた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック