映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・ウォール(2017年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダグ・リーマン監督の「ザ・ウォール(2017年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


ザ・ウォール [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 謎のスナイパーに狙われたアメリカ軍兵士2人の

 運命を描いた本作は

 過酷な状況下で闘う主人公たちと

 様々な制約の中で奮闘する作り手たちの姿が

 重なっていく様に心打たれる戦争映画であります。

 主要登場人物3人(うち1人は声のみ)という人員的制約と

 「壁」とその周辺という空間的制約を自らに課し

 アクションよりも心理戦を優先させることによって生を受けた

 ストーリー&演出は

 私に「戦場における伝説」の映画的活用法と

 状況設明&娯楽的ハッタリを抑制することによって生じる

 スリル&サスペンスの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (驚異的な精神力&身体力によって米軍を翻弄し

 ホラー映画の領域に到達した「スナイパー」に

 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空間&人員限定型戦争映画」の雄と

 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 「死の天使」と称された伝説のイラク人狙撃手ジューバ

 西部劇文化の名残、物理的制約による精神的スケール感の高揚

 アメリカ軍への礼賛&疑問が一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック