映画に感謝を捧ぐ! 「田園交響楽(1938年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・カッティング監督の「田園交響楽(1938年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


シリー・シンフォニー Vol.2 [DVD]
ゴマブックス
2015-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 とある農家の朝を描いた本作は

 生活感とファンタジー性が交錯するアニメーション映画であります。

 日常劇とミュージカルの特性、動物の持ち味

 アニメーション映画の醍醐味を有効活用したストーリー&演出が

 賑やか&軽やかに進行する光景は

 私に、素朴な日常風景と童話的風景の融合と

 人生に宿る「物語性」の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (共存共栄&不屈の精神の大切さをユーモラスに説いた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「日常系動物ミュージカル」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 時間&空間的制約の中でアイデアを広げていく想像力

 説明台詞に依存せず「映像&音楽+鳴き声」で語るクールさ

 「悪役」に依存しないスリル&サスペンスの生成法が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック