映画に感謝を捧ぐ! 「この手紙を読むときは」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はジャン・ピエール・メルヴィル監督の

 「この手紙を読むときは」に感謝を捧げようと思います。





 両親を事故で失い、一人残された妹の為に帰郷した女性「テレーズ」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 様々な作劇要素が静かに絡み合う女性映画であります。

 ホームドラマ、ロマンス、サスペンスがせめぎ合う

 ストーリー&キャラクター造形と

 文学性と娯楽性を兼ね備えた映像技&音楽技が

 一体化することによって生じる科学反応は

 私に、邪悪な男性を嫌悪しつつ、魅了されてしまう

 女性たちの悲劇と

 人生に潜むスリル&サスペンスの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (壮絶なる肩すかし感に溢れた「悪漢の最期」と

 悲劇&ブラック・ユーモア的でありながらも

 「癒し系ハッピー・エンド」の香りを感じさせる幕切れが

 人生の奥深さを示している点も見逃せません。)

 まさに「極道+愛憎系女性映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 文学的&宗教的ムード、俗物的サービス精神
 
 家族劇+犯罪映画技法

 フランス映画的苦味が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック