映画に感謝を捧ぐ! 「エルパソ・キッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリー・ジェイソン監督の「エルパソ・キッド」に

 感謝を捧げようと思います。





 「エルパソ・キッド」の異名を持つ盗賊

 トビーの運命を描いた本作は

 葛藤とサービス精神に彩られた西部劇であります。

 極道の本能と妻に対する愛情&平穏を求める重いの間で

 揺れ動く男の生き様と

 アメリカ西部劇的サービス精神の赴くままに進みつつ

 暴力描写を抑制&効率的進行を維持しようとする

 ストーリー&演出が重なっていく光景は
 
 私に「アウトロー気質と勧善懲悪風味のせめぎ合い」と

 「人生&社会に潜む魔性」を西部劇的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (突如として「西部劇ヒーロー」へと転身し

 王道的ハッピー・エンドへと急展開する幕切れが

 サスペンス系どんでん返しを凌駕するほどの「驚き」を

 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「葛藤系西部劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 暇つぶし西部劇のスケール感&スピード感を維持しつつ

 過激さ&渋味の利いた物語&映像を生み出そうとする姿に

 心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック