映画に感謝を捧ぐ! 「ノアの箱船(1933年版)」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィルフレッド・ジャクソン監督の

 「ノアの箱船(1933年版)」に感謝を捧げようと思います。


名作アニメシリーズ 1 シリー・シンフォニー 全5巻 (収納ケース付) [DVD]
ケー・アイ・コーポレーション
2013-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 旧約聖書に記された「ノアの箱船物語」をもとにして

 1933年に作られた本作は

 ディズニー的加工術&ミュージカル技法の粋を結集した

 アニメーション映画であります。

 「ノアの箱船物語」からホームドラマ+災害映画要素を抜粋し

 ミュージカル&コメディ的に加工することによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「船の製造過程&船旅」を娯楽的に表現する手法と

 舞台要素、映画要素、アニメーション要素による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (物事を「ポジティブ目線」で観ることの大切さを

 声高に訴えるかのような幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ノアの箱船物語入門」の一翼を担う

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 「ノアの箱船物語」を形成する宗教&説教要素を巧みに避け

 娯楽色の強い要素を引き出し

 ディズニー的アニメーション技術&サービス精神の赴くままに

 突き進むことによって

 後年の娯楽映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック