映画に感謝を捧ぐ! 「パーティー荒らし(鼠の二銃士)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ハンナ&ジョセフ・バーベラ監督の

 「パーティー荒らし(鼠の二銃士)」に感謝を捧げようと思います。


トムとジェリー アカデミー・コレクション [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-07-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ハンナ&バーベラによるアニメーション映画シリーズ

 「トムとジェリー」の65作目となる本作は

 童話風味とアクション・コメディ風味が入り交じった異色作であります。

 中世的世界設定+剣劇&大砲アクション、コンビ映画風味

 食材&パーティ会場を駆使した活劇的アイデアを駆使しながら

 「トムとジェリー」の法則に沿って進行するストーリー&演出は

 私に「中世」の映画的活用法と

 正義と悪を隔てる「境界線」の曖昧さ&パーティの持つ魔力を

 アニメーション映画的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (残酷描写を巧みに抽象化しつつ「戦いの無情さ」を写し出す幕切れが

 反戦映画と西部劇が入り交じったかのような後味を
 
 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「残酷童話系アニメーション映画」の陽気な強豪作であると
 
 言えるでしょう。

 非情さと滑稽さ、活劇性とミュージカル性、スリルとユーモア

 中世ヨーロッパと「トムとジェリー」が独特のバランスで共存する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック