映画に感謝を捧ぐ! 「リラの心」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアナトール・リトヴァク監督の「リラの心」に

 感謝を捧げようと思います。


ジャン・ギャバンの世界 第3集 DVD10枚組 ACC-114
株式会社コスミック出版
2017-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 殺人事件を捜査する刑事「アンドレ」と

 容疑者「リラ」の運命を描いた本作は

 様々な葛藤に彩られた異色作であります。
 
 サスペンス、ラブストーリー、ミュージカルの間を彷徨いながら
 
 主人公&ヒロインの揺れ動く思いを描いていくストーリー&演出は

 私に「スリル&サスペンスと人情味のせめぎ合い」と

 「犯罪に関わる人間の宿命」を娯楽的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (事件解決の爽快感よりも正義を貫く人間の非情さ&哀しみが印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル放浪型ラブ・サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 甘いロマンス、愛憎渦巻く人間模様、危険な潜入捜査が

 複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック