映画に感謝を捧ぐ! 「ボクはスポーツカー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はテックス・アヴェリー監督の「ボクはスポーツカー」に

 感謝を捧げようと思います。





 タクシー夫婦と一人息子の運命を描いた本作は

 王道と変化球的発想が豪快に絡み合うアニメーション映画であります。

 ホームドラマ、カー・アクション、ギャグ漫画を

 力業と知略によって組み合わせる事によって生を受けた

 ストーリー&演出が

 加速的且つ和やかに進行する光景は

 私に「活劇性と人情味の共同戦線」と

 「物体の擬人化術」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (親への愛情と息子の夢を巧みに共存させる幕切れが

 異世代間交流に関する一考察を示している点も見逃せません。)

 まさに「非生物系人情喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 車を「生命体の一種」として扱う発想

 アクション映画的躍動感とコメディ的発想を

 組み合わせた追いかけっこ

 「親子関係」への鋭い目線が冴え渡る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック