映画に感謝を捧ぐ! 「ウィーンからのワルツ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の

 「ウィーンからのワルツ」に感謝を捧げようと思います。


ヒッチコック スペシャルコレクション DVD10枚組 ACC-144
コスミック出版
2019-01-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 作曲家ヨハン・シュトラウス親子の生涯を

 元にして作られた本作は

 実話系映画史上屈指の和やかな珍作であります。

 名曲「美しく青きドナウ」の舞台裏と
 
 ラブ・コメディの王道的技法を

 豪快に組み合わせることのよって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「偉人の映画的活用法」と

 「芸術家気質と大衆気質のせめぎ合い」を

 娯楽的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (ロマンス・コメディ・ホームドラマのハッピー・エンドを

 つなぎ合わせた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「恋愛喜劇風偉人伝」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 J・シュトラウス親子の歴史

 A・ヒッチコック監督の1930年代事情

 教材性と娯楽性、映画性と舞台性の共存法

 ヨーロッパ映画的ロマンス&ユーモアが

 軽快に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック