映画に感謝を捧ぐ! 「西部無法時代」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・ケイン監督の「西部無法時代」に

 感謝を捧げようと思います。





 ワイオミング準州を荒らす無法者集団に立ち向かう

 男たちの運命を描いた本作は

 武闘的効率性に溢れた西部劇であります。

 「主演男優J・ウェイン&アクション・シーンを引き立てる存在」に

 徹し続けるストーリーと

 西部劇の王道を駆使しつつ戦争映画的方向へと向かう

 演出が一体となる光景は

 私に「目的となる部分に全力を注いだ作劇法&演出法」と

 「暇つぶし規模のスケール感を保ち続ける娯楽映画」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (過度の説明台詞に依存することなく「ワイオミングの勝利」を伝える姿が心地良い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級活劇系西部劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 人々が娯楽西部劇に求める要素を押さえつつ

 「ワイオミング史」の一端を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック