映画に感謝を捧ぐ! 「SF異星獣ガー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はランス・リンゼイ監督の「SF異星獣ガー」に

 感謝を捧げようと思います。


SF異星獣ガー [DVD]
ランコーポレーション
2019-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 宇宙船内に潜む怪異に立ち向かう

 宇宙飛行士たちの運命を描いた本作は

 堅実さと奇策性が豪快に絡み合うSF映画であります。

 宇宙系SFから閉鎖系ホラーへと転じた後

 風刺劇+友情劇に向かって急展開するストーリー

 アトラクション&TVゲーム感満載の映像

 ホラー映画+災害映画の王道に即したキャラクター造形が

 一体となる光景は

 私に驚きと和やかさを兼ね備えた「どんでん返し」の一形態と

 1970~80年代SF&ホラー映画文化の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (感動誘発的表現法を強調することによって

 様々な問題点&悲劇性を覆い隠す戦術性に圧倒される

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「エイリアン系SF」史上屈指の

 荒々しい人情味を感じさせる珍作であると言えるでしょう。

 小規模映画業界ならではの手法で

 1979年の映画「エイリアン」と1982年の映画「E.T.」の

 特性を組み合わせるという

 大いなる実験によって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック