映画に感謝を捧ぐ! 「あるスパイの末路」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヴィクター・ハンベリー、ランス・コンフォード

 マックス・グリーン監督の「あるスパイの末路」に

 感謝を捧げようと思います。





 エリック・アンブラーの小説「あるスパイの墓碑銘」を

 もとにして作られた本作は

 様々な娯楽要素が渋味を利かせながら交錯する

 スパイ映画であります。

 観光旅行映画から巻き込まれサスペンスへと転じ

 閉鎖系ミステリーとコメディ風味を絡ませながら

 静かに進行するストーリー&演出は

 私に「謎解きを重んじたスパイ映画」の醍醐味と

 「1930年代のヨーロッパ情勢」を娯楽的に学ぶ手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (爽快感よりもスパイの哀しさ&虚しさが印象深い

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「探偵小説系スパイ映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 1930年代後半のヨーロッパで暮らす人々の苦悩

 スパイ戦&閉鎖系ミステリーの醍醐味

 映画の持つ観光旅行要素が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック