映画に感謝を捧ぐ! 「デス・プラン 呪いの地図」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルバート・バンド監督の「デス・プラン 呪いの地図」に

 感謝を捧げようと思います。


デス・プラン 呪いの地図 [DVD]
有限会社フォワード
2008-07-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 墓地の管理人となった男「ボブ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 ホラー映画史上屈指の「クールな狂気」に包まれた作品であります。

 「人命を犠牲にして真実に迫る」探求者的狂気と

 友人たちの死に対する罪悪感&恐怖心によって崩壊していく主人公を

 効率主義的に描いていくストーリーと

 残酷描写を抑制しつつ、怪奇恐怖を追求していく映像が一体となる光景は

 私に「死」に関わる人々に科せられた呪いの一端と
 
 映像的インパクトに依存しない恐怖&狂気描写の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (残された謎&危険要素を巧みに隠蔽し「ハッピー・エンド」を装う幕切れが

 娯楽映画的サービスに対する

 無意識の皮肉となっている点も見逃せません。)

 まさに「推理劇&異常心理劇風呪術系ホラー」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 超常現象要素と犯罪捜査&科学実験要素を混ぜ合わせることによって

 後年のホラー作品に対する道しるべの一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック