映画に感謝を捧ぐ! 「勇敢な機関士」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・キニー監督の「勇敢な機関士」に

 感謝を捧げようと思います。





 機関士「ケーシー・ジョーンズ」の生涯をもとにして作られた

 バラードを映画化した本作は

 現実と夢が交錯するアニメーション映画であります。

 ケーシー・ジョーンズの壮絶な生き様と

 ディズニー的サービス精神の出会いによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形が

 警戒且つ生真面目に進行する光景は

 私に「英雄伝説と歴史の関係」に関する一考察と

 「映画的宣伝戦術&倫理教育」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (冷酷なる史実と英雄への愛が壮絶にぶつかり合った後

 「愛」の勝利を掲げる幕切れが

 英雄伝説の魅力&宿命を体現している点も見逃せません。)

 まさに「喜劇系英雄伝」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 偉人伝、乗り物系災害映画、西部劇、ミュージカル

 ギャグ漫画の魅力が一堂に会した本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック