映画に感謝を捧ぐ! 「脱獄者(2011年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカンピオン・マーフィー監督の「脱獄者(2011年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


脱獄者 ドミニク・パーセル LBXC-511 [DVD]
エー・アール・シー株式会社
2015-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



精神病棟に送られた殺人犯「ハーモン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 サスペンス映画史上屈指の「大いなる皮肉」に

 彩られた怪作であります。

 アクション映画的ご都合主義、ホラー映画の法則

 サスペンス的「トラウマ&どんでん返し史上主義」を

 力任せに組み合わせることによって生成された

 ストーリー&演出がもたらす「無意識のブラック・ユーモア性」は

 私に、アクション・ヒーローとホラー・モンスターの秘めたる共通項と

 青春映画の世界が異常心理サスペンスに侵略されていく光景を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サスペンス的装飾をはぎ取り「ホラー」の領域に到達したことを

 高らかに歌い上げる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「病的愛憎+虐殺道中劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 米ドラマ「プリズン・ブレイク」の便乗商品と見せかけて

 真逆に近い方向へと向かう奇襲戦術と

 出たとこ勝負的狂気に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック