映画に感謝を捧ぐ! 「マニラの女スパイ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレスリー・セランダー監督の「マニラの女スパイ」に

 感謝を捧げようと思います。





 女スパイ「クレア・フィリップス」の伝説をもとにして作られた本作は

 多彩な戦術性に彩られた戦争映画であります。

 「アメリカ軍礼賛」を高らかに掲げる情報戦術

 西部劇、スパイ活劇、恋愛悲劇の技法を融合させ

 暇つぶし規模のスリル&サスペンスと

 スピード感を維持しながら進行する娯楽戦術

 ヒロインの魅力を前面に押し出すスター主義的戦術が

 一体となったストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「娯楽的サービス精神と宣伝術の共同戦線」の一形態と

 「アメリカ的戦争認識」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ軍の武勇よりも

 憎しみと敬意の間で揺れ動く敵将の姿が印象深い

 最終決戦となっている点も見逃せません。)

 まさに「アメリカ流女系武勇伝」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 愛に生きるヒロインが「米軍を救う女スパイ」へと

 変化していく姿を通じて

 「アメリカの価値観&娯楽技術」の一端を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック