映画に感謝を捧ぐ! 「正義の覆面マント」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・シャーマン監督の「正義の覆面マント」に

 感謝を捧げようと思います。


ジョン・ウェイン ベストコレクション 〈シルバーボックス〉 DVD10枚組 ACC-123
株式会社コスミック出版
2018-04-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 1938年の映画「鞍上のスパイ」をもとにして作られた

 「西部の三銃士シリーズ」の5作目となる本作は

 量産型西部劇史上屈指の「豪快なつなぎ技」を

 見せてくれる作品であります。

 前4作の主人公チーム造形を大幅に改変し

 正統派西部劇、覆面ヒーロー劇、中世系活劇を

 実在の大統領暗殺事件を組み合わせることによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形が効率的に進行する光景は

 私に「歴史の映画的活用法」・「娯楽的合理主義&実験精神」

 「中世ヨーロッパと西部開拓時代の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも大衆的狂気と

 大悪人のふりをする小悪人の悲哀が

 印象深い「決着の付け方」となっている点も見逃せません。)

 まさに、お伽噺と西部劇のサービス精神が絡み合う

 「西部の三銃士シリーズ」第5章であると言えるでしょう。

 マイペースな主人公三人組と小者感満載の悪漢たちの闘いを

 優等生的且つ実験的に描いた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック