映画に感謝を捧ぐ! 「遊星から来た脳生物」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はネイサン・ハース監督の「遊星から来た脳生物」に

 感謝を捧げようと思います。


遊星から来た脳生物 [DVD]
ランコーポレーション
2015-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 地球外生命体に取り憑かれた男「スティーブ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 貪欲にして巧妙なSF映画であります。

 「エイリアン系SFと超能力SFを組み合わせる」

 「最小限度の人員、空間、特殊効果で地球の危機を描く」
 
 「残酷な場面を巧みに抽象化する」という精神&発想の元に

 生成されたストーリー&演出、キャラクター造形が

 見世物的且つ効率的に進行する光景は

 私に「小規模映画会社的知略」・「陰謀者特有の狂気&孤独」

 「SF的ハッタリ戦術&特性融合術」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (地球規模の危機を軽量級ホラー的に解決するという

 大胆不敵な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「効率重視系地球侵略SF」の歴史に輝く

 挑戦作であると言えるでしょう。

 人間を誘惑する事にこだわりつつ

 単独で壮大な陰謀に挑む悪漢エイリアンの奮闘ぶり

 人間側の事情に配慮し、穏健な解決法を追求する正義漢エイリアンの勇姿

 エイリアンによる地球の危機を

 テロ対策&潜入捜査劇風に描写する手法によって

 後年の「ヒドゥン」等に通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック