映画に感謝を捧ぐ! 「拳闘のキャグネイ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロイ・デル・ルース監督の「拳闘のキャグネイ」に

 感謝を捧げようと思います。


ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]
株式会社コスミック出版
2019-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 シカゴで休養することになったボクサー「ジミー・ケイン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は
 
 愛と葛藤に彩られたスポーツ映画であります。

 ボクサーとしての誇り&純情と

 華やかな上流社会の間で揺れ動く主人公を

 アクション映画要素とラブ・コメディ要素の間を

 流離うかのようなストーリー&演出で描くという試みは

 私に「プロ・スポーツの光と闇」を映画的に表現する手法と

 「活劇性とユーモアの共同戦線」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「スター主義」の香りを前面に出した邦題と

 力業で「ハッピー・エンド」をつかみ取ろうとする主人公と

 純真さと寛容さを兼ね備えたかのようなヒロインの姿が

 爽快感とブラック・ユーモアの入り交じったかのような

 感触をもたらす幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ラブ・コメディ系ボクシング映画」の歴史に輝く

 一作であると言えるでしょう。

 スポーツ系サクセス・ストーリーと恋愛喜劇を組み合わせつつ

 効率主義的に物語&映像を進行させることによって

 豪腕と躍動感、堅実さと奇襲性をを兼ね備えた存在となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック