映画に感謝を捧ぐ! 「イレイザー(2006年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダニエル・モンゾン監督の「イレイザー(2006年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


イレイザー [DVD]
ニューセレクト
2007-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 恋人を失ったSF作家「デビッド・ノートン」と

 無意識のうちに自殺を図った女性「シルビア」の

 運命を描いた本作は

 渋味の利いたハッタリに彩られたSF映画であります。

 「SFマニア的狂気」に取り憑かれた科学者の陰謀を

 アクション、サスペンス、ホラー、SF

 芸術論を状況に応じて使い分けながら

 描いていくストーリー&演出は

 私に「エンターティナー&アーティスト+科学者の宿命」を

 娯楽的に表現する技法と

 「怪奇恐怖とハイテク的恐怖の秘めたる共通項」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハッピー・エンド」と悪の勝利を共存させる事によって

 娯楽的サービス精神を皮肉った幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「作家論系SF」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 ハンガリーの楽曲「暗い日曜日」が放つ哀愁&妖気
 
 敵役D・ケリーの妖怪的存在力

 各種娯楽要素を押さえつつ、躍動感を保ち続ける物語&映像によって

 豪快すぎる設定を補う姿を通じて

 SF映画の魅力&メッセージ性を体現する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック