映画に感謝を捧ぐ! 「黄金の王様」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウォルト・ディズニー監督の「黄金の王様」に

 感謝を捧げようと思います。


みにくいアヒルの子 AAM-304 [DVD]
ARC
2013-05-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ギリシャ神話に登場する「ミダス王」を

 もとにして1935年に作られた本作は

 教材性と娯楽性が軽快に絡み合うアニメーション映画であります。

 人間の欲望&黄金の麻薬性に対する警鐘

 ディズニー的サービス精神&ミュージカル+コメディ技法を

 組み合わせることによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、教訓劇における「ユーモア」の効能

 「神話」の映画的加工術

 経済的欲求と自然的欲求のせめぎ合いの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「不幸と幸福は紙一重の位置に存在する」

 「自制心なき欲求は自滅への道程」というメッセージを

 ユーモラスに示した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ディズニー流喜劇系神話」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 古代神話、童話文化、舞台的発想、

 暇つぶし映画的効率主義

 ディズニー・アニメーションの技術が一堂に会し

 富&権力と命、選択と結果の関係に迫る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック