映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の掠奪」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリチャード・ソープ監督の「荒野の掠奪」に

 感謝を捧げようと思います。


西部劇パーフェクトコレクション 荒野の掠奪 DVD10枚組 ACC-145
コスミック出版
2019-01-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ポーター・エマーソン・ブラウンの舞台劇を

 もとにして作られた本作は

 アメリカ西部劇史上屈指の珍作であります。

 正統派西部劇と恋愛劇の王道に即した幕開けから

 犯罪映画、舞台劇、喜劇が入り交じった世界へと

 急展開するストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「善と悪、シリアスとコミカルを結ぶ絆」の一端と

 映画における「スケール感抑制」の大切さを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (正義漢と悪漢の奇妙な友情と

 主人公&ヒロインを圧倒する悪漢&元牧場主の存在力に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型西部喜劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 二転三転するロマンス&人間模様と

 西部劇の王道に即したアクション・シーンが

 牧場とその周辺で絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック