映画に感謝を捧ぐ! 「レッド・ダイヤモンド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマックス・アダムス監督の「レッド・ダイヤモンド」に

 感謝を捧げようと思います。


レッド・ダイヤモンド [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 泥棒「ジャック」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽快にして生真面目な泥棒映画であります。

 泥棒映画の法則に忠誠を誓ったストーリー、アクション・シーン

 キャラクター造形が

 効率的且つユーモラスに進行する光景は

 私に「暇つぶし規模」に徹した娯楽映画の醍醐味と

 「アクション映画的女難」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的ハッピー・エンドで幕を閉じつつ

 エンドロールにおいてコメディ化するという

 怪作ぶりを披露している点も見逃せません。)

 まさに「泥棒映画入門」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 壮絶なまでの優等生ぶりによって

 アクション映画の法則に対する「無意識の皮肉」と化した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック