映画に感謝を捧ぐ! 「フォー・ザ・バーズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はラルフ・エグルストン監督の「フォー・ザ・バーズ」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2008-11-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



電線&電柱に立つ鳥たちの運命を描いた本作は

 陽性娯楽要素の粋を結集したアニメーション映画であります。

 ミュージカル的鳴き声&集団芸

 コメディ的状況設計、アクション的スリルが一堂に会した

 ストーリー&アニメーション映像は

 私に「軽量な世界に多彩な娯楽要素を詰め合わせる」

 「日常のコメディ性をアニメ的に表現する」技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (和やかさの中に「ブラック・ユーモア性」を秘めた
 
 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「集団系動物喜劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 極限までに軽量化された世界の中で

 鳥たちの存在力&チームワークと

 「限定された空間を最大限に生かす」発想力に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック