映画に感謝を捧ぐ! 「マッドマン・マーズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョー・ジャノン監督の「マッドマン・マーズ」に

 感謝を捧げようと思います。


マッドマン・マーズ [DVD]
ランコーポレーション
2019-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 伝説の殺人鬼「マッドマン・マーズ」に狙われた

 人々の運命を描いた本作は

 山系ホラー史上屈指の「時代性&優等生ぶり」を

 感じさせる作品であります。

 暴力とお色気、残酷趣味と緩やかさ、狂気と知略が

 バランス良く配合させたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「怪奇恐怖と見世物的恐怖の共同戦線」と

 「1980年代流暇つぶし映画文化」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (能天気なハッピー・エンドや状況設明描写に背を向けた

 クール且つ神秘的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに1980年代の特性と

 小規模映画会社の軽やかさ&堅実さを象徴する

 「残酷童話系ホラー」であると言えるでしょう。

 アクション・ヒーロー的武力、サスペンス的アイデア性&技巧

 ホラー的超常性を兼ね備えたモンスター

 「マッドマン・マーズ」の勇姿と

 山系ホラー的見せ場を的確に押さえつつ

 ある種の神秘性を放つ映像技&作劇法が冴え渡る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック