映画に感謝を捧ぐ! 「勝利は我に」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ハンナ&ジョセフ・バーベラ監督の

 「勝利は我に」に感謝を捧げようと思います。


トムとジェリー4 勝利は我らに [DVD]
株式会社メディアリンクス
2017-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ハンナ&バーベラによるアニメーション映画シリーズ

 「トムとジェリー」の11作目となる本作は

 武闘派的ユーモアに溢れたアニメーション映画であります。

 トム&ジェリーの漫才的魅力

 戦争映画級アクション、サイレント喜劇的笑いが

 絡み合いながら軽やかに進行する光景は

 私に「1940年代のアメリカ文化事情」と

 「ドタバタ喜劇とアクションを結ぶ絆」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ礼賛精神と戦争の狂気が入り交じった

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軍事系喜劇」の一翼を担う

 軽量作であると言えるでしょう。

 戦争への道を歩み始めたアメリカに影響されつつも

 「ユーモア精神溢れる鬼ごっこ」を守り抜こうと苦闘する

 トム&ジェリーの姿が

 笑いと哀愁の入り交じった感触を呼び起こす本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック