映画に感謝を捧ぐ! 「チャンプ(1931年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキング・ヴィダー監督の「チャンプ(1931年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


チャンプ(1931年版) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 没落したボクサー「アンディ」と一人息子「ディンク」の
 
 運命を描いた本作は
 
 娯楽的バランス感覚に秀でたボクシング映画であります。

 チャンプの称号と誇りを失い

 アルコール&ギャンブル依存症となった男が

 息子&仲間たちの愛によって蘇っていく姿を

 ユーモアとシリアス、効率性と見せ場作り

 庶民的ムードとお伽噺ムードの均整を保ちながら

 写し出していくストーリー&演出は

 私に娯楽映画における

 「適正速度を守ったストーリー展開&映像」の重要性と
 
 活劇性、喜劇性、人情味による共同戦線の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハッピー・エンド」を求める人々の思いに答えつつ

 ボクサーの現実に向き合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人情系ボクシング映画」の歴史に輝く

 一作であると言えるでしょう。

 ホームドラマ&スポーツ系サクセス・ストーリーの王道に即した物語

 主演男優W・ピアリーの放つ男臭&存在力と

 K・ヴィダー監督の娯楽技術力を融合させることによって

 後年のボクシング映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック