映画に感謝を捧ぐ! 「ワールド・オブ・Z」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエイダン・ルーベン監督の「ワールド・オブ・Z」に
  
 感謝を捧げようと思います。


ワールド・オブZ [DVD]
アルバトロス
2016-01-06
カール・マククリスタル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ウィルス感染によって凶暴化した人々に覆われた

 世界を旅する男女4人の運命を描いた本作は

 巧妙なる「神話化」を堪能させてくれる

 感染系ホラーであります。

 ゾンビ系TVゲーム&軽量級ホラーの香り漂う

 ストーリー&演出、キャラクター造形に

 聖書の一部&謎めいたメッセージを挿入することによって

 作品世界の神秘性を高めようという試みは

 私に「節約精神とスケール感増幅戦術の共同戦線」と

 「聖書の娯楽映画的活用法」の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (戦争映画的ムードとシリーズ化への欲求が

 複雑に絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「武闘派+宗教系ホラー」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 ホラー的残酷描写、アクション映画的戦闘

 ゾンビ系ホラーの王道に即した世界の中で 

 謎への興味と生への執念との間で

 揺れ動く主人公一行の姿を

 M・N・シャマラン関連作の流れを汲む思わせぶり描写

 宗教映画的台詞を駆使して描いた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 
  
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック