映画に感謝を捧ぐ! 「不思議の国のアリス(1933年版)」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はノーマン・Z・マクロード監督の

 「不思議の国のアリス(1933年版)」に感謝を捧げようと思います。


ゲーリー・クーパー 珠玉の傑作集 教授と美女 DVD10枚組 ACC-149
株式会社 コスミック出版
2019-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ルイス・キャロルの同名童話をもとにして
 
 1933年に作られた本作は

 アメリカ娯楽映画史の一端をユーモラスに写し出す

 記念碑的作品であります。

 1903年&1915年版「不思議の国のアリス」の精神を継承しつつ

 音声、特殊効果、スター主義を挿入することによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私にアメリカにおける「ファンタジー映画史」と

 映像&音響テクノロジーの発展が映画に与える影響の

 一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (過去作の流れに即しながら「哀愁」を深めた
 
 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに技術的発展によるアイデア性の広がりを体現した

 アメリカ映画版「不思議の国のアリス」第3形態であると言えるでしょう。

 原作の特性を生かしながら

 アメリカ映画の映像・音楽・配役的強化に乗ることによって

 後年の「不思議の国のアリス」系列作と
 
 アトラクション・ムービーに対する

 道しるべの一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック