映画に感謝を捧ぐ! 「その女を殺せ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリチャード・フライシャー監督の「その女を殺せ」に

 感謝を捧げようと思います。


その女を殺せ [DVD]
ブロードウェイ
2013-07-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 組織犯罪の証人になった女性と

 彼女を護衛する刑事の運命を描いた本作は

 サスペンス映画史上屈指の「収納術&躍動感」に
 
 彩られた作品であります。

 「列車内」という限定された空間と

 目的地到達までの数時間に

 アクション&頭脳戦、どんでん返し、人間模様

 場を和ませるユーモアを取り込んだストーリー&演出が

 軽やかさと渋味の均整を保ちながら進行する光景は

 私に「適正速度で進行する&舞台の特性を生かした」映像技と

 状況設明台詞&感動誘発要素に依存しないストーリー展開の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。 

 (万事解決のハッピー・エンドにせず、要所を曖昧化することによって

 鑑賞者に「想像する余地」を与える幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「道中系サスペンス映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 安易なスケール感拡大&情緒に依存せず  
 
 人間関係&空間を絞り込む節約精神と

 場所&キャラクターの個性を生かした

 アクション・シーンを生成する技術力によって

 後年の「ダイ・ハード&カナディアン・エクスプレス」等に

 通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック