映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の牛泥棒」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレスリー・セランダー監督の「荒野の牛泥棒」に

 感謝を捧げようと思います。


西部劇 パーフェクトコレクション テキサスから来た男 ACC-155 [DVD]
株式会社コスミック出版
2019-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 諸国を旅するガンマン「ホッピー&ラッキー」と

 彼らを取り巻く人々の運命を描いた本作は

 選択術&スピード感覚に秀でた量産型西部劇であります。

 正統派アメリカ西部劇にふさわしい見せ場を

 的確に押さえる選択術と

 効率的に物語&アクションを進行させつつ

 一定の情緒&ユーモアを保つスピード感覚が一体となった

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「暇つぶし」に徹した娯楽作品の魅力と

 映画における「見せ場選択」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇的ご都合主義に即して「敵への対応」を選択する

 主人公一行の姿が心地良い
 
 「決着の付け方」となっている点も見逃せません。)

 まさに「効率型人情派西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 量産型西部劇ならではの躍動感&ユーモア精神と

 安易な暴力依存を避け「戦術的」に対応する堅実さが融合した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック