映画に感謝を捧ぐ! 「壮烈!敵前上陸」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・ケイン監督の「壮烈!敵前上陸」に

 感謝を捧げようと思います。





 造船工から沿岸警備隊員となった男「トム・ローク」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 娯楽要素と情報戦術要素を兼ね備えた戦争映画であります。

 沿岸警備隊の宣伝、ロマンス、異文化交流

 アクションを融合させることによって
 
 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「宣伝技法と娯楽技法の共同戦線」と

 「軍隊による支援」がもたらす効能&制約の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (戦争の非情さを示した後

 状況設明台詞を利用した編集術によって

 「万事解決のハッピー・エンド」に仕立て上げる豪腕ぶりに

 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「沿岸警備隊入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 娯楽的サービス精神、アメリカ軍礼賛精神

 教材精神が複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック