映画に感謝を捧ぐ! 「殺人!」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の「殺人!」に

 感謝を捧げようと思います。


殺人! [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 クレメンス・デイン&ヘレン・シンプソンの小説&舞台劇

 「Enter Sir John」をもとにして作られた本作は

 ある種の実験精神を感じさせるサスペンス映画であります。

 サスペンス的映像技、舞台劇的台詞回し、法廷劇的論争を

 融合させたストーリー&演出が緩やかに進行することによって

 「ミステリー+コメディ風味」が生成されていく光景は

 私に「推理劇と喜劇の秘めたる共通項」と

 「陪審員を務める」ことの過酷さを映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (芸術的狂気漂う「犯人の最期」が

 ハッピー・エンドと哀愁の入り交じった感触を

 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「ブラック・ユーモア系探偵映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 スリル&サスペンスよりも軽快さが勝るストーリー展開の中で

 先入観の恐怖&陪審員制度の問題点を指摘し

 後年の「十二人の怒れる男」等に通じる道を切り開く事によって
 
 内容以上の価値を持ったサスペンス映画となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック