映画に感謝を捧ぐ! 「ある物語」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドリュー・スタントン監督の「ある物語」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム Vol.2 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 TV番組の世界へとやってきた少年「メルヴィル」と

 相棒「テッド」の運命を描いた本作は

 軽量にして大胆なアニメーション映画であります。

 冒険活劇的アクション、サイレント喜劇的ブラック・ユーモア

 「TV」に対する皮肉を兼ね備えたストーリー&演出が

 驚異的なスピード感で進行する光景は

 私に「効率主義と詰め込み主義の共同戦線」と

 「残酷な状況をコメディ化する技法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「アクション映画的ご都合主義」を失った物語世界の悲劇と

 ハッピー・エンドの香りを融合させるという

 大胆不敵な賭けに挑んだ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級冒険映画」史上屈指の陽気な過激作であると言えるでしょう。

 後年の「ラスト・アクション・ヒーロー」に通じる発想で幕を開け

 ファミリー向けサービス精神全開で進みつつ

 最後に「冷酷なる現実の刃」を放つという離れ業に挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック