映画に感謝を捧ぐ! 「月と少年」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエンリコ・カサロサ監督の「月と少年」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム Vol.2 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 小舟で夜の海を彷徨う少年と男2人の

 運命を描いた本作は
 
 夢と技巧に彩られたアニメーション映画であります。

 人々が「月」に対して抱く

 幻想的イメージの一端を切り取るという発想

 童話的映像美を追求した映像

 映像の裏方に徹しつつも

 ホームドラマ的ユーモアを放つストーリーが一体となる光景は

 私に「童心と大人の技による共同戦線」と

 「映像と物語の幸福な結婚」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (美しい幻想に溺れず、現実へと帰還する

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級冒険喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 子供の純真さと大人の技術をバランス良く配合して

 「少年と男たちの小さな月旅行」を写し出す姿に心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック