映画に感謝を捧ぐ! 「地上最大の作戦」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキャロル・リード&ガーソン・ケニン監督の

 「地上最大の作戦」に感謝を捧げようと思います。


地上最大の作戦 [DVD]
ピーエスジー
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地上最大の作戦 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1944年6月6日に開始された「ノルマンディ上陸作戦」の一部を記録した本作は

 過酷な制約の中でスケール感を発揮した記録映像であります。

 「アメリカ&イギリスにとって好ましい情報を厳選する」という制約の中にあって

 多角的目線で「ノルマンディ上陸作戦」を記録しようとする人々の挑戦は

 私に「物理的制約」の中で高まっていく精神的スケール感と

 「歴史&戦争」の構造を記録映像的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (連合軍の武勇を強調しつつも「能天気なハッピー・エンドにしない」

 配慮が成されている点も見逃せません。)

 まさに「第2次世界大戦&軍事宣伝映像講座」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 連合軍礼賛系記録映像史上屈指の壮大さによって

 「歴史は勝者にとって好ましい形へと編集される」事を世に示しつつ

 後年の「史上最大の作戦」などに対する

 道しるべの一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック