映画に感謝を捧ぐ! 「リリス(2006年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はマーク・ヴァディク監督の「リリス(2006年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


リリス [DVD]
アルバトロス
2007-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 女神「リリス」の召還に挑んだ少女5人の運命を描いた本作は

 奇策性と緩やかさに彩られたポルノ映画であります。
 
 悪霊系ホラー風に幕を開け

 幻惑的表現法を多用しつつ

 軽量感満載の残酷描写&セックス・シーンを披露する

 ストーリー&演出は

 私に「見せたいポイント」に力を集中する映画作りの醍醐味と

 「ホラー映画的ハッタリ戦術&ポルノ映画的人間模様」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。 

 (伏線回収やハッピー・エンド願望よりも

 「ホラー映画の定番」に忠実であることを選んだ

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「悪霊系ポルノ」の一翼を担う

 珍作であると言えるでしょう。

 ホラー映画とポルノ映画の秘めたる共通項と

 「思わせぶり表現」を徹底追求した

 作劇法&映像技の醍醐味を体現する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック