映画に感謝を捧ぐ! 「酒場の暴れ馬」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・ラモント監督の「酒場の暴れ馬」に

 感謝を捧げようと思います。





 相棒の仇を追う男「ジョニー」と

 酒場の女主人「ロレーン」の運命を描いた本作は

 西部劇史上屈指の「自由」を感じさせる珍作であります。

 復讐劇、ロマンス、コメディ、ラブストーリー

 ミュージカルを網羅し

 出たとこ勝負の極みを目指して猛進する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「各種王道要素を力業で組み合わせる」

 事によって生じる混沌と

 暴力的&悲劇的状況を「ドタバタ喜劇風味」に

 仕立て上げる手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (力業で様々な問題を解決し「ラブ・コメディ系ハッピー・エンド」へと

 着地する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陽性アウトロー西部劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 荒馬的な急展開を見せる人間関係、自由すぎる時間経過

 西部劇の王道に即しつつ緩やかに描写されたアクション・シーンによって

 他の西部劇とは一味違う「意外性」を発揮する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック