映画に感謝を捧ぐ! 「続組織暴力」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は佐藤純彌監督の「続組織暴力」に

 感謝を捧げようと思います。

続組織暴力 [DVD]
続組織暴力 [DVD]

 「組織暴力(1967年版)」の流れを汲む存在として

 1967年に作られた本作は

 奇襲的発想と文化交流精神に彩られた

 和製極道映画であります。

 前作の特性&俳優陣を継承しつつ

 「熱血刑事と犯罪組織の戦いを描く」と見せかけて

 知略と暴力によって巨大組織を翻弄し

 極道社会の頂点を目指す

 凶悪且つクールな悪漢の栄枯盛衰を写し出していくストーリーと

 東映的男臭&任侠精神と西洋的活劇性が融合した

 演出&キャラクター造形が一体となる光景は

 私に「爽快感と哀愁、野性とメッセージ性が入り交じった世界」と

 東映的路線主義&スター主義を逆手に取ったどんでん返し戦術の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (任侠路線の悲劇性と実録路線の残酷性が

 激しくも静かに絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「東映流極道英雄伝」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 東映が誇る悪漢俳優の一人

 渡辺文雄の持つ「策士的魅力」と

 東西映画&極道文化の交流によって生を受けた本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント