映画に感謝を捧ぐ! 「バンパイアの惑星」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマリオ・バーヴァ監督の「バンパイアの惑星」に
 
 感謝を捧げようと思います。

バンパイアの惑星 [DVD]
バンパイアの惑星 [DVD]

 謎の惑星に降り立った宇宙飛行士チームの

 運命を描いた本作は

 アイデア性とアトラクション性が絡み合うSF映画であります。

 エイリアン系SF、ゾンビ系+悪霊系ホラー

 空間限定型サスペンスを兼ね備えたストーリーと

 省力的+見世物的でありながらも神秘性を感じさせる

 映像技+特殊効果が一体となる光景は

 私に「SF的恐怖と怪奇恐怖の共同戦線」と

 「節約的モンスター造形」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (奇襲的などんでん返しを繰り出しつつ

 「ハッピー・エンド」が主観的存在であることを

 世に示した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに派手な特殊効果よりも

 残酷趣味&心理的恐怖に重きを置いた

 「地球侵略系SF」であると言えるでしょう。

 変化球的なエイリアン造形と

 巧妙なる空間&人員節約術によって

 後年のSF&ホラー映画に対する「道しるべ」の
 
 一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント