映画に感謝を捧ぐ! 「スピーシーズ・デビル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はピーター・J・イートン監督の「スピーシーズ・デビル」に
 
 感謝を捧げようと思います。

スピーシーズ・デビル [DVD]
スピーシーズ・デビル [DVD]

 科学者「フィブリアン」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 凄まじいほどの場当たり的対応&幻惑感に満ちあふれたモンスター映画であります。

 軽量級のSF&ホラー映画にありがちな要素

 モンスター風味溢れる俳優L・ヘンリクセン&D・トレホ

 細切れ的映像&ストーリー展開によって

 状況把握を困難にする手法が融合することによって

 生じる科学反応は

 私に「出たとこ勝負&残酷趣味」の極限を目指して
 
 突き進む人々の執念と

 俳優&女優陣の存在力と

 技巧過多的映像表現によってストーリーを補強し

 様々な問題点を隠蔽する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「スピーシーズ」シリーズへの思いと
 
 便乗商品戦術が絡み合った邦題と

 モンスターの領域に達しながらも

 堅実に計画を進めるマッド・サイエンティストの勇姿に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「神秘+科学系モンスター映画」史上屈指の
 
 怪作であると言えるでしょう。

 論理性&物語性による制約を破壊し

 文学風味、どんでん返し、アトラクション的驚かせを追求することによって

 先読み困難なストーリー展開&映像を生成する姿に圧倒される本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント