映画に感謝を捧ぐ! 「ヒューマン・ハンター」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロブ・キング監督の「ヒューマン・ハンター」に

 感謝を捧げようと思います。

ヒューマン・ハンター [DVD]
ヒューマン・ハンター [DVD]

 2030年のアメリカを支配する人民省に属する

 エージェント「ノア・クロス」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 マニア性と倹約精神に彩られたSF映画であります。

 未来形SF、西部劇、巻き込まれ映画の王道を

 組み合わせたストーリーと

 SF漫画、アクション映画、道中劇の香り漂う

 映像&キャラクター造形が

 予算&人員の節約+思わせぶり戦術の

 限りを尽くして進行する光景は

 私に「娯楽映画&コミック・マニア気質と節約精神の共存法」と

 暴力的&悲劇的な状況が

 淡々とした空気を放つ現象の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (万事解決のハッピー・エンドに背を向けて
 
 鑑賞者を幻惑するかのような幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「継ぎ接ぎ系暇つぶし映画」史上屈指の

 大いなる珍作であると言えるでしょう。

 既視感+安物感溢れる映像&物語に

 スケール感&ミステリアス感を持たせる戦術

 娯楽映画&漫画史の一端、有名俳優の活用法

 西部劇とSFを結ぶ絆を象徴する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント