映画に感謝を捧ぐ! 「ブルー・ランジェリー 青い下着の女」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデビッド・バーカー監督の

 「ブルー・ランジェリー 青い下着の女」に感謝を捧げようと思います。

ブルー・ランジェリー [DVD]
ブルー・ランジェリー [DVD]

 男女6人の危険な一夜を描いた本作は

 クールな凶悪性に彩られたサスペンス映画であります。

 ホラー映画級の残酷描写&人命軽視と

 幻惑的表現法の数々を駆使しつつ

 淡々と進行するストーリー&演出は

 私に「残酷趣味と性欲を結ぶ絆」と

 「サスペンス的ハッタリ精神と効率主義の共同戦線」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (論理性を無視したハッピー・エンドへと着地しながら

 不吉さを煽る幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「一夜漬けサスペンス」史上屈指の
 
 珍作であると言えるでしょう。

 見世物的残酷さ&お色気と

 M・N・シャマラン監督作の流れを汲む思わせぶり技法が

 静かに絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント