映画に感謝を捧ぐ! 「辺境の町フロンティア」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカール・L・ピアソン監督の「辺境の町フロンティア」に

 感謝を捧げようと思います。

ジョン・ウェイン ベストコレクション 〈シルバーボックス〉 DVD10枚組 ACC-123
ジョン・ウェイン ベストコレクション 〈シルバーボックス〉 DVD10枚組 ACC-123

 フロンティア(西部開拓地)に秩序をもたらそうと

 奮闘する人々の運命を描いた本作は
 
 アメリカ史の一端を娯楽的に写し出す西部劇であります。

 アメリカ開拓史、復讐西部劇、集団抗争劇を

 融合させることによって生を受けたストーリー&演出が

 効率主義+見せ場的に進行する光景は

 私に「見せたいポイント」以外を巧みに省略する技法と

 「社会秩序生成&公私混同抑制への道」を

 西部劇的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ヒーローの活躍よりも男の友情&開拓者への愛に重きを置いた

 決着→幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「史劇系量産型西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 西部劇ヒーローJ・ウェイン、西部劇アクション

 暇つぶし映画の魅力を余すところなく発揮しつつ

 「保安官による秩序維持体制」誕生への道を世に示した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント