映画に感謝を捧ぐ! 「美人妻日記 隣の芝は」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は城定夫監督の「美人妻日記 隣の芝は」に

 感謝を捧げようと思います。

美人妻白書 隣の芝は
美人妻白書 隣の芝は

 作家「柴田民夫」と隣家の主婦「芝田麻子」の

 運命を描いた本作は
 
 男性的欲求と癒し要素が交錯する和製ポルノ映画であります。

 「隣人同士の不倫」を題材としつつ
 
 ラブ・コメディ+ホームドラマ的和やかさで進行する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「夫婦間の精神的断絶」を解決する方法に関する一考察と

 過激な題材を人情喜劇風に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (不倫映画史上屈指の「平和的解決」を通じて

 人生のユーモア性&神秘性を写し出すと同時に

 感動作の領域に到達した幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに緩やかな人生訓に包まれた

 「和製不倫喜劇」であると言えるでしょう。

 ポルノ性とストーリー性、効率性と人情味の均整を保ちつつ

 不遇の人生を送る男女2人の「再生」を描いた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント