映画に感謝を捧ぐ! 「拳銃貸します」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフランク・タトル監督の「拳銃貸します」に

 感謝を捧げようと思います。

拳銃貸します [DVD]
拳銃貸します [DVD]

 グレアム・グリーンの小説「拳銃売ります」を

 もとにして作られた本作は

 軽快にして堅実な殺し屋映画であります。

 陰謀渦巻く世界で「追う者+追われる者」となった

 殺し屋の闘いを描きつつ

 癒し系&戦意高揚的な方向へと進行するストーリーと
 
 活劇性とアイデア性を兼ね備えた追跡&逃亡描写が一体となる光景は

 私に「1940年代のアメリカ映画事情」の一端と

 「アメリカ映画的サービス精神と極道映画風味のせめぎ合い」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (爽快感よりも哀れさが勝る「敵将の最期」も見逃せません。)

 まさに「教訓系殺し屋映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 巻き込まれ映画的アクション、極道映画的人間模様、戦争映画要素

 舞台芸的サービスが軽やかに絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント