映画に感謝を捧ぐ! 「プリズン・アイランド 残虐非道女刑務所」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドレアス・ベスマン監督の
 
 「プリズン・アイランド 残虐非道女刑務所」に感謝を捧げようと思います。

プリズンアイランド 残虐非道女刑務所 [DVD]
プリズンアイランド 残虐非道女刑務所 [DVD]

 刑務所内で行われる残虐行為を世に示し

 仲間を救うために脱獄した女囚「ジェニファー」の
 
 運命を描いた本作は

 映像作品史上屈指の「野獣性」を感じさせる
 
 大怪作であります。

 ホラー的残酷描写&ポルノ的性描写に

 申し訳程度の物語性を添えることによって生を受けた

 ストーリー&演出が荒れ狂う光景は

 私に「暇つぶし規模の時間で精神力を鍛える」教材と

 「性欲+サディズム」と見せ場主義を融合させ

 倫理&論理の枠を破壊する事によって生じる

 科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (一切の希望を打ち砕き、絶望感を極めることによって

 「敵役によるハッピー・エンド」の領域に到達した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「サディズム&凶悪エロティシズム系ホラー」の極限を目指して突き進む

 悪魔的作品であると言えるでしょう。

 状況設明&大衆娯楽的サービスを極限まで抑制し

 犯罪者と看守、残酷さと滑稽さ、理不尽さと現実感

 性欲と暴力欲の近似性を追い求める姿に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント