映画に感謝を捧ぐ! 「結婚の夜」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキング・ヴィダー監督の「結婚の夜」に

 感謝を捧げようと思います。

結婚の夜 [DVD]
結婚の夜 [DVD]

 帰郷した作家「トニー・バレット」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽快でありながらも渋味の利いた恋愛映画であります。

 異文化交流、愛憎劇、作家論を融合させる事によって

 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形が

 効率的且つ上品に進行する光景は

 私に「都会文化と地方文化のせめぎ合い」と

 「大衆娯楽性と文学性の共存」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇性・メッセージ性・癒し性が静かに交錯する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「芸術論+文化論入り恋愛劇」の雄と呼ぶに

 ふさわしい作品であると言えるでしょう。

 恋愛劇+日常劇の形態を取りながら

 作家性と大衆性の交わりがもたらす軋轢と

 不遇の人生に埋もれた男の再生を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント